アナボリックステロイド 効果 ランキング

※最新版!!アナボリックステロイドおすすめランキング!!【2017年】

アナボリックステロイド(筋肉増強剤)とは、シンプルにいっても、色んな品種があります。そうすると「実際は、どれを選べば良いの?」と迷ってしまうかもしれません。

 

けれども、アナボリックステロイドのチョイスに失敗すると、ほとんど筋肉を増やせずに終わってしまう事が有り得ます。というのも、一部分のステロイドは、脂肪を燃やす働きがあったとしても、筋肉を増やす効果がないものがあるからです。

 

それには、科学的な調査をもとに、「確実に有効なアナボリックステロイドベスト5」を厳選しました。(また、利用あたりに医療知識が重要な注射剤は除外します。)

 

オキシメトロン

 

 

オキシメトロンの経口ではトップクラスの期待を持つステロイド。

 

老人をターゲットにした調査では、運動をさせていないとはいえ、12週間で4.2kgも筋肉を増せました。また、非投与グループは、全然筋肉が増えていないのです。

 

更に、HIV患者に30週間投与した調査では、投与グループは、8.9kgもの筋肉増加に達成したのです。一方で、非投与グループは、1.8kg体重が減っています。

 

ボディビルダーが一年間、筋肉を養成しても、つけれる筋肉は2?3kg程度と言われているようです。ところが、オキシメトロンを利用すると、老人が、運動をし無くても、それを超える成果を実現できるのです。

 

一部では「効果は大きいが、副作用のリスクがある」と言われています。血液透析の患者さんをターゲットに24週間にわたり投与した調査では、誰一人強い副作用を起こしませんでした。(肝臓のデータが9.2%上昇したのみ。健康な正常値の間に変化。)

 

オキシメトロンは、独自の経口ステロイドと言えるでしょう。まず筋肉をつけた方にはピッタリです。

 

オキシメトロンのご購入はこちら
オキシメトロン

 

 

ダイアナボル(メタンジエノン)

 

 

ダイアナボル(成分名…メタンジエノン)は、世界で一番たくさんの方に利用されきたステロイドであります。「チャンピオンのブレークファースト」と呼ばれ、アーノルド・シュワルツネッガー、スタローンなどにも愛用されてきたのです。

 

効果についてはいかがでしょうか?エリートアスリート11人をターゲットに、ダイアナボル100mgを投与し、6週間養成させた調査があります。

 

6週間でダイアナボル投与グループは、3.3kgも筋肉が成長していました。また、非投与グループでは、0,3kgの増加に留まりました。この調査から、普通のトレーニングの10倍以上の結果が可能なステロイドと言えるということです。

 

副作用がありますが、どのケア剤を利用することで制することができます。

 

ただ、仕方ないのですが、製造元のCyba社はダイアナボルの販売を終了しているとのことです。タイ製の「ダナボルDS」といった製品が発売されていますが、この製品の9割はフェイク商品の為、購入をお薦めしません。(内訳:9割は偽物!ダイアナボルの通販で失敗しないカギ)

 

ダイアナボルは「メダナボル」という名称で、製薬会社のWEST-COAST社からジェネリックがリリースされています。ダイアナボルの効果をトライしたい人には、こちらをご紹介します。

 

メダナボルのご購入はこちら
メダナボル(Medanabol)10mg

 

プリモボラン

 

 

ステロイドの中からは少量であり、天然にも存在する成分を活かしたステロイドです。(プリモボランの主成分メテノロンはネコの副腎皮質にあるのです。)

 

女性化作用を起こさず、経口剤とは言え、肝臓に対する負担も低いステロイドでしょう。

 

ただし、効果には疑問符がつきます。マウスをターゲットにした調査では、雄のマウスは筋肉を増やす効果がありませんでした。(雌では効果があった。)

 

しかし、羊をターゲットにした調査では、筋肉を増やす効果、脂肪を減少させる効果がありませんでした。

 

ボディビルの現場だと、減量サイクルの中に利用されているステロイドです。バルクアップには、そんなに合っていません。

 

プリモボランのご購入はこちら
プリモボラン

 

スタノゾロール

 

スタノゾロールは、「副作用があまりない筋肉増強剤」として注目を集めています。更に、ベン・ジョンソンが利用したことでも人気が高くなっていますよね。

 

ただ、効果については、大きく期待できないのです。

 

仮に、マウスに投与した調査では、雄のマウスでは、筋肉の合成を育成しませんでした。一方、雌のマウスでは、筋肉を有意に合成したのです。

 

このことから、男性は、大きく効果がないステロイドと言えるでしょう。女性のホルモンレセプターとの相性が良好なようで、女性のケースでは、たくさんの効果が期待できるでしょう。

 

筋肉増強の効果は小さいですが、減量下で筋肉を持続する効果は大きいです。マウスを用いた調査で、薬剤を使い「強制的に筋肉が分解される」ケースにしたマウスにスタノゾロールを投与をしたら、筋肉の分解が有意に抑制されました。

 

このことから、スタノゾロールには、筋肉が失われやすい状態(減量下)で筋肉を守る効果があると解釈できます。

 

減量目的で用いるには、良好なステロイドだと思います。

 

スタノゾロールのご購入はこちら
スタノゾロール

 

アンドリオール

 

 

「副作用の小さい筋肉増強剤」として宣伝されるアンドリオールですが、筋肉増強の効果はあまり期待出来ないと言えます。

 

老人に1年間以上アンドリオールを投与した調査では、筋力の面においては、投与グループも、非投与グループも大して差は出ないからです。(筋肉については、投与グループが2kg増えていましたが)

 

たいてい、アナボリックステロイドを使用したら、投与グループと非投与グループでは何倍もの圧倒的なギャップが出るものです。その一方で、筋力面のケースでは差がないとされるのは、アンドリオールの効果が低いということです。

 

一年間以上も老人に投与出来るので、安全なのは間違いないのです。ただし、筋肉増強の効果は非常に弱いのです。

 

アンドリオールは筋肉増強効果が低いとは言われていますが、低いと言ってもアナボリックステロイドには違いないので
安全性が他のものより高く初心者にはおすすめできる筋肉増強剤といえます。

 

アンドリオールはこちら
[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg